眼瞼下垂コラム Column

二重まぶたにしたくて美容クリニックに行ったら『眼瞼下垂だから』と専門クリニックをすすめられました

このようにおっしゃって当院を受診なさる方が多くいらっしゃいます。

  • 二重と眼瞼下垂になんの関係があるんだ?
  • 眼瞼下垂があると二重手術ができないの?
  • 私は一重まぶただけど眼瞼下垂なのかしら?

など、多くの疑問を感じる方がおられると思います。

「眼瞼下垂」は、まぶたが重く、開けにくい状態のことです。その原因はまぶたを挙げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱いことがほとんどです。実は、「二重まぶた」を作るのも眼瞼挙筋の力であり、まぶたを挙げると同時に皮膚を折りたたむことで二重まぶたができます。そのため、筋肉の力が弱い「眼瞼下垂」の状態が残っているままでは、きれいな二重まぶたは作れないのです。ただし、一重まぶたの方がすべて眼瞼下垂だとは言えず、判断には診察が必要です。

健康保険で眼瞼下垂の治療ができるのは、程度が強く、視界のさまたげになるなど「日常生活に支障をきたしている場合」に限られます。患者様の状態にもよりますが、美容クリニックで指摘されて初めて、「私って眼瞼下垂だったんだ!?」と気づく方の場合、眼瞼下垂としては生活に支障をきたすほどではないので治療は自費になることが多いです。

ですが、「潜んでいる」眼瞼下垂も同時に治してきれいな二重まぶたを手に入れることができるならば、自費での手術をあきらめることはないと思います。 健康なまぶたに二重を作るだけでなく、眼瞼下垂の治療について豊富なトレーニングと経験を積んできた形成外科専門医だからこそ、眼瞼下垂が潜んでいる方のまぶたにもきれいな二重を作ることができるのです。

治療方法の選択幅が広い保険外治療でこそ、きれいな二重ラインのご要望に応えることができますし、同時にまぶたの厚みを取ってすっきりしたまぶたを作ることも可能です。あるいは、「モウコひだ」と呼ばれる目頭の皮膚が余っている状態はぱっちりと幅広の二重を作ろうとすると、どうしても不自然になってしまいます。この場合、「目頭切開」の手術を同時に行うことも可能です。

もしもあなたが、「ひょっとして私の一重まぶたには、眼瞼下垂が隠れているのかも」「いちおう二重まぶたなんだけど、なんか眠そうとよく言われる。ぱっちりした二重にしたいなあ」というようなお悩みをお持ちでしたら、一度神戸アカデミアクリニックへお気軽にご相談ください。一緒に答えをみつけていきましょう。